アメリカ人の要約:「取引」

THE AMERICANSシーズン2エピソード5要約:「ディール」。アリソンは、ケリー・ラッセルとマシュー・リースが主演する今夜のジ・アメリカンズのエピソードをレビューします。

季節、 アメリカ人 フィリップとエリザベスの個人的および職業的生活の中で鏡を設置してきました(それらは重複しているため、多くの場合同時に両方)。彼らはいつも彼らが見ているものを好きであるとは限りません。この複雑な対立は、フィリップがイスラエルのモサドエージェントと行った一連の会話として「ディール」に現れ、エリザベスはマーサを通して「クラーク」についてフィリップについて学んだいくつかの啓示。アイデンティティのテーマに関してはしばしば微妙なものでしたが、「The Deal」は、それを定義するための闘いを表現するのに一生懸命になりました。 「私たちはウォッカが得意で、彼らはタバコが得意です」という理由でジャンプを打ってください。



エージェントはまた、キブツでの生活を共産主義の活動として説明しています。子供たちは共同部屋で食事をし、妻は全員野外で働きます。しかし、それらも無料です。フィリップは少し興味がありますが、動揺していません。昨シーズンの亡命を考慮したにもかかわらず、彼は今やソビエトの大義に完全にコミットしているようであり、モスクワでつららを夢見ている間、アントンと(哀歌の難しさにもかかわらず)目を凝らした態度を保っている。



エージェントはフィリップに投げるために強引な線を与えられましたが-'私は私が誰であるかではなく、私がしていることを隠します'そして 'あなたの名前はあなたの名前ですか?あなたの顔はあなたの顔ですか?あなたの子供はあなたの子供ですか?」 -「ディール」では、フィリップが1インチも返してくれませんでした。アルカディは後で忠誠心と同志の考え、そしてフィリップ(彼は一般的に秘密の工作員としてしか知らない)を保護するために彼の仕事を失う方法を説明します。しかし、科学者と取引するために、イスラエル人はもっと多くを必要としていました:イスラエルに行きたいと思った米国からの1500人の脱北者。状況を要約した後のラジオ放送の皮肉は明らかでした:もちろん、結果は人権問題とは何の関係もありませんでした。それは、ナショナリズム、密室での取引、無実の男性の投獄、そして彼の自由と家族生活の破壊と関係がありました。

スタンもついにニーナについてオレグに直面したので、これらの感情的なウェブの結果は明らかになり始めています。彼女に対する彼の気持ちは彼の使命を危うくしました、そしておそらくその逆です。問題は、彼が個人的であるのと同じくらい専門的に重複することができるかどうかです。この方法では、 アメリカ人 すべてのリードにアイデンティティの同じ問題を経験させ続けますが、そうすることで、嘘と真実、感情と忠誠心の絡み合いをますます深めます。



エピソードの評価:B +

ミュージングとその他:

-

--StanがGaadを部下としてチームに連れてきて、彼を接続に使用することになった方法が好きです(彼はそれで大丈夫で、実際にはかなり興奮していました、ハァッ)。



-クローディアの後任であるケイトは、 ボードウォークエンパイア ..。 レンシュミット あなたなの?

-フィルが造船所まで運転していた車を誰かが識別できますか?かなりかっこいい。

-その明白さにもかかわらず、私はフィリップとモサドエージェントとのやりとりを楽しんだ( ヨニ・ベン-イェフダ )、彼の脱出の試み(「すみません、あなたは私が試みなければならなかったことを知っています」)を含み、フィリップは彼のお尻を拭かなければなりませんでした。また、警察を妨害するために酔っているふりをして歌っているエージェント。素晴らしい瞬間。

-「レーガン大統領は個人的にカウボーイハットで壁をスケーリングしていますか?」 -アルカディ。

-アルカディと一緒に過ごしたシーズンの後、ショーが始まったときよりも彼のことをよく知らなくなったと感じています。しかし、今年はさらに多くの開発を行っています。

-'私は資本主義の新進の学生です、すべてが取引されることができます。ニーナの安全と引き換えに私に何をくれますか?」 -オレグからスタンへ。

-エリザベス:「クラークには説明があります。」フィリップ:「私は彼に知らせます。」

-エリザベスがブラッドで物事を終わらせるのは、このエピソードでは非常に突然で場違いに見えました。それで、ペイジは母親に聖書と青年グループに手を出すことは反逆ではないことを伝えたように見えました(これは陽気な概念です)、それは彼女が彼女の人生に対処し、区分するのを助ける方法です。どうやら彼女はその遺伝子を受け継いでいなかったようです。

-エリザベス:「列車がモスクワから引き離されていたとき、木々につららがありました。」フィリップ:「覚えています。」